カラーコーディネーター検定に独学で挑戦


カラーコーディネーター検定の通信講座はどうなのか?

今まで、カラーコーディネーター検定の独学について話を進めてきましたが、
ここで通信講座についても触れてみたいと思います。

何故なら、場合によっては通信講座を使わざるを得ない人もいる可能性があるからです。

例えば、あなたの職業がデザイナーの場合、会社によっては、
カラーコーディネーター検定や色彩検定を義務付けることがあります。

そのような場合だと、絶対に検定に合格しなければいけないので、
通信講座を受講する必要性が高くなります。

しかも、デザイナーは職業柄、就業時間が長く、時間をかけて独学で勉強している 余裕はありません。
ですから、このようなケースとだと通信講座が必要になってきます。

そこで、このページでは通信講座のメリットとデメリット、
そしてどのような通信講座を受講すれば良いのか説明していきます。
必ず合格したいと思っている方は、是非参考にして下さい。

●メリット
通信講座のメリットは、講義を視聴しながら勉強していけ、
現在のレベルに応じた学習のカリキュラムを組める事です。
そのため、スムーズに知識が身に付いて行き、 着実に実力を付けていく事が可能です。
また、わざわざ通学する必要はないので、空いた時間に勉強できるメリットもあります。

●デメリット
通信講座は、通学のように決められた時間と場所で勉強するわけではないので、
本人にその気がなければ、勉強をすることは出来ません。
もちろん、これは通学にも言えることですが、自分が積極的に勉強する意思がなければ、
通信講座は続けられないと思います。

●通信講座の選び方
カラーコーディネーター検定は色彩の勉強ですので、
実際のものが見られる講義が視聴できることが絶対条件です。
その他にも質問に対応していたり、
テキストがフルカラーになっていたりする事も条件として上げられます。

また、受講料は高くても3万円前後のものを選んで下さい。
カラーコーディネーター検定の講座は、それほど高いものではありません。

以上が通信講座についてです。 通信講座に興味のある方は上記を参考にして下さい。

注目の通信講座

講座の特徴
ハイビジョン講義、フルカラーテキスト、問題集、質問受付などのサポートが充実。その上低価格。
詳しくはココ

カラーコーディネーター独学