カラーコーディネーター検定に独学で挑戦


カラーコーディネーター検定のテキスト!

ここでは、カラーコーディネーター検定を独学で勉強する方には欠かせない
テキストについて話を進めていきます。
尚、カラーコーディネーター検定と色彩検定のテキストは同一ではありませんので、
注意して下さい。

まず、カラーコーディネーター検定も色彩検定も必ず用意しなければいけないのは、
公式テキストです。

カラーコーディネーター検定なら、東京商工会議所が出版しているテキスト、
色彩検定なら、A・F・Tが出版しているテキストです。
どちらのテキストも内容が充実していて、
試験に合格するだけの情報が しっかりと詰まっています。

しかし、カラーコーディネーター検定(色彩検定も含む)のテキストはそれだけでは 不十分です。 何故なら、どちらのテキストも内容が充実しすぎていて、
初心者では勉強しにくい デメリットがあるからです。
わかりやすく言ってしまえば、出題ポイントを絞っていないので、
勉強量が増えてしまうのです。
そして、勉強量が増えてしまうと、挫折する方も多くなります。

そこで、ポイントなるのは、公式以外に別のテキストも用意することです。

公式テキスト以外の市販されているテキストの欠点は、
出題ポイントを絞って書かれているのですが、
逆に説明不足や解説されていない知識が沢山あり、知識不足になる可能性があります。
それを公式テキストで補っていくのです。

つまり、公式以外のテキストを基本書として、それで足りない知識を公式テキストで
補って勉強していきます。

そうすることで、無駄な学習は少なくなり、効率良く勉強していく事が出来ます。

しかし、効率的な勉強が出来るといっても、あくまでも独学に対してのことです。
やはり、独学なので時間がかかることには変わりありません。
そのことは忘れずにいて下さい。

尚、3級の場合は、それほど覚える知識量が多くないので、
公式テキストだけでも 問題ありません。

また、公式以外のテキストは自分が読んで見てわかりやすいと思ったものを購入すれば
良いと思います。
特にオススメのテキストはありません。

注目の通信講座

講座の特徴
ハイビジョン講義、フルカラーテキスト、問題集、質問受付などのサポートが充実。その上低価格。
詳しくはココ

カラーコーディネーター独学