カラーコーディネーター検定に独学で挑戦


カラーコーディネーター検定に独学で挑戦すれば、何故時間がかかる

独学=時間がかかるという方程式はわかったと思いますが、
ここでは何故時間がかかるのか具体的に説明していきます。

まず、カラーコーディネーター検定を独学で勉強して一番やっかいなのは、
テキストだけで知識を理解しなければいけないことです。

テキストだけだと文字情報だけで全てを理解しなければいけないので、
誤った理解をしたり、意味がわからなかったりします。

でも、そうしたことは、学生時代を思い出せば誰にでもわかるはずです。

例えば、受験勉強の時、沢山の参考書が書店に並び、
しかも学校の教科書も 基本的な知識なら、かなりわかりやすく書かれています。

にもかかわらず、ほとんどの方は、塾に通い講義を聴きながら、 勉強していました。
何故なら、そうでもしなければ試験に合格できないからです。

これが現実です。

しかし、資格の勉強となると、何故かテキストだけで勉強しようとし、
しかも独学なので誰も教えてくれる人はいません。

現役バリバリの学生時代の時でも出来なかった事を、
勉強からしばらく離れている方がやるのは容易なことではないはずです。

その結果、理解できない事を参考書やテキスト一回、一回調べていくので、
時間がかかるという図式が出来上がってきます。
そして、最悪は挫折する人も出てきます。

このようなことが、カラーコーディネーター検定を独学で勉強した場合の デメリットです。

解決する方法は、一つしかありません。
根気良く時間を使いながら、勉強していくしかないのです。

カラーコーディネーター検定を独学で勉強した場合、合格できるか、
出来ないかということだけにフォーカスを当てる人がいますが、
実際はその過程が大変です。

前ページで説明したように、カラーコーディネーター検定を独学で勉強するなら、
まず時間を作る工夫をして下さい。

普段忙しくて、勉強時間を作る事ができないといっているようじゃ、
とてもカラーコーディネーター検定を独学で合格する事は出来ません。

ここでお話したことは絶対に忘れないで下さい。

注目の通信講座

講座の特徴
ハイビジョン講義、フルカラーテキスト、問題集、質問受付などのサポートが充実。その上低価格。
詳しくはココ

カラーコーディネーター独学