カラーコーディネーター検定に独学で挑戦


カラーコーディネーター検定に独学で挑戦する方が理解すべきこと

まず、はじめに理解してほしいのは、 合格するという目的に置いて、
カラーコーディネーター検定を独学で勉強して
マイナスはあってもおプラスはないということです。

ここを理解しなければ、
カラーコーディネーター検定に独学で勉強しても 高い確率で挫折してしまいます。

そもそも独学と言うのは、その名の通り一人で勉強すると言う事です。
そこには教えてくれる人はいませんし、
わからない事があっても 全て自分で解決しなければいけません。

また、今自分でやっている勉強が正しいのか、
そうでないのかもわからず 不安になるので、
思うように勉強が進まないことも多々あります。

つまり、カラーコーディネーター検定を独学で勉強するということは、
時間がかかるという事なのです。
ここは重要なのでしっかりと理解して下さい。

良くあるケースとして、「仕事が忙しく時間がなく、お金も使いたくないので、
独学で勉強する」と言う方です。

しかし、それは私から言わせると、わざわざ試験に不合格になるために
勉強をしているようなものです。

時間がかかるという事は、その分時間が必要だということです。
その時間がない中で勉強しようとするのは、何も考えていないというしかありませんし、
物理的に不可能です。

カラーコーディネーター検定に独学で勉強するということは、
全て自分で考えて、実行しなくてはいけません。

ただ、テキスト読んで、問題を解いていれば合格できるという、あまいものではないのです。

勘違いしないでほしのは、独学で勉強するなと言っているわけではなく、
覚悟をもって勉強してほしいということです。

逆にその覚悟を持って、カラーコーディネーター検定を独学で挑戦すれば
十分に合格するチャンスはあります。

多くの方は、何も考えずに何となく、独学で勉強するから不合格になるのです。

とりあえずは、独学=時間がかかるという方程式を覚えておいて下さい。

注目の通信講座

講座の特徴
ハイビジョン講義、フルカラーテキスト、問題集、質問受付などのサポートが充実。その上低価格。
詳しくはココ

カラーコーディネーター独学